バレにくい副業

[副業紹介] Baseオンラインショップ開設で副収入GETせよ!!

Baseとは

Baseとは初心者でも簡単に自分のネットショップを開設して自分の商品を販売できるサービスになります。

Baseを運営するBase株式会社は2019年10月に東証マザーズに上場した、今勢いに乗っているベンチャー企業になります。

Baseでは、「ショップ名」「メールアドレス」「パスワード」さえあれば数分で自分のネットショップを開設することが可能です。

ネットショップのデザインは自分でカスタマイズして自由に変更することが可能です。

また、プログラミング言語のHTML/CSSが触れる場合は自分で細かいデザインの修正まですることが出来ます。

決済方法

ショップの決済方法は以下の通りです。

  1. クレジットカード
  2. 銀行振込
  3. コンビニ支払い
  4. 通信キャリア決済
  5. 後払い
  6. PayPay

Base機能

Baseでは無料で数多くの機能を提供しております。

  • 顧客管理
  • メールマガジン
  • クーポン発行
  • セール
  • レビュー
  • instagram販売

このような機能を利用すれば、 誰でも簡単に本格的なネットショップを開設することが可能です。

Baseで扱える商材

Baseで扱える商材は数多くあります。

  • アパレル
  • 小物
  • コスメ
  • 家電
  • ハンドメイド
  • 食品
  • インテリア
  • スマホグッズ

Baseで開設されているネットショップの数は70万件以上と言われています。

そのために、他社と差別化することが大事になります。

自分の商品を多くの人に知ってもらうにはSNSを上手に利用することが大事になります。

例えばTwitterのような拡散力の高いSNSを利用し、ターゲット層に発信を続ける。

Instagramで商品の写真をアップロードしてファンを獲得するなどです。

Baseで副業するメリットは?

1. 無料で自分のネットショップを開設できる。

Baseの最大のメリットは無料でネットショップを開設できることです。

もし仮に自分のリアルなお店を東京でオープンするとなると初期費用だけで数千万はかかります。

さらに、開業届に出店申し込みなど面倒な作業も盛りだくさんです。

そのうえ、もし売上を上げることが出来なければ、巨額の借金を背負うことになります。

一方、Baseであれば面倒な作業もなく無料で簡単にスモールスタートすることが可能です。

また、仮に売り上げを上げることが出来なくても巨額の赤字を生むことはほぼあり得ません。

2. お洒落なデザイン

Baseではプログラミング知識やデザイン知識がなくても利用できるように、お洒落なデザインテンプレートを用意しています。

ですので、簡単にお洒落かつ魅力的なネットショップを作ることが可能です。

例えば、以下のサイトはBaseで作られたネットショップなのですが、まるでプロが作ったかのような出来栄えです。

3. 少人数で運営することができる。

Baseで運営しているユーザーの多くは一人、もしくは少人数で運営しています。

少人数でも運営出来るように、Baseでは数多くのサポートシステムを用意しています。

  • Baseの機能や運営のノウハウをサポート
  • イベント参加などブランド作りのサポート
  • 質問があるときはチャットで質問し放題

Baseでは一人でもネットショップを運営できるように充実のサポートシステムを用意してあるので、個人もしくは少数人数からビジネスを始めることが出来ます。

Baseで副業するデメリットは?

1. 集客力がない

Baseでネットショップを開設しても、すぐに商品が売れるケースは稀です。

まずは、自分で集客する必要があります。

実際にBaseで出店している人の多くはSNSで集客してます。

自分のブログ、Twitter、Instagram等の情報発信ツールでお客さんに商品をアピールします。

BaseではInstagramと連携することが可能です。

Instagramの投稿に自分のショップの商品をタグ付けすれば、Baseの商品販売ページに直接リンクさせることが可能です。

Baseで商品を売るためには自分で集客を頑張る必要があります。

2. 在庫を抱える恐れがある

当たり前ですが、自分の商品が売れなければ在庫を抱える恐れがあります。
ですので、在庫を抱えすぎないようにリスクヘッジを自分でする必要があります。

Baseでどのくらい稼げる?

決済手数料は全て一律で、1回の販売価格につき、3.6%と40円がかかります。

さらに1回ごとに販売価格に対してサービス手数料の3%がかかります。

例えば、1,000円の商品が3個、送料500円の注文の場合、以下のような計算でそれぞれの手数料を割り出せます。

▼注文合計金額

1,000*3+500=3,500円

▼BASEかんたん決済手数料計算

3,500円*3.6%+40=166円

▼サービス利用料計算

3,500円*3%=105円

▼注文合計金額-BASEかんたん決済手数料-サービス利用料

3,500円-166円-105円=3,229円

残りの3,229円が収益なります。

また、収益受け取り時にも手数料がかかります。

登録しておいた金融機関口座への振り込み手数料は一律250円で、20,000円以下の場合には事務手数料がさらに500円かかります。

BASEでの振り込み期間は申請してから10日前後です。

まとめ

  1. Baseで開設されているネットショップの数は70万件以上
  2. Baseを利用すれば無料でネットショップを解説できる
  3. デザイン知識がなくてもお洒落なネットショップを作れる
  4. Base利用者の多くは個人または少人数で運営されている
  5. Baseで売り上げを上げるには集客力をつける必要がある
  6. 在庫を抱える恐れがある