スキルで稼ぐ

初心者向け!クラウドソーシング副業で稼ぐ仕組み解説

クラウドソーシングなら好きな場所でスキマ時間に副業可能!

クラウドソーシングの副業に向いている人はこんな人になります。

  1. スキマ時間でできる副業を探している
  2. 場所にとらわれずに副業がしたい
  3. 何かしたのスキルを持っている

この記事を読むことで時間や場所にとらわれずに副業で月数万 ~ 数十万のお小遣い稼ぎを稼ぐことも可能になるかもしれません!

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に業務を発注、そこで出会った人からサービスやコンテンツを提供するマッチングプラットフォームサービスです。

文字で説明が難しいので図にして仕組みを解説しましょう
  1. 仕事依頼
  2. 仕事の応募
  3. 制作物の納品
  4. 制作物の確認
  5. 報酬の支払い

まず、仕事を発注したい仕事発注者がクラウドソーシングサイトに仕事内容を登録します。

クラウドソーシング 経由で仕事を探している人がそれを見つけて応募します。

採用されれば実際に制作物を仕事発注者に納品します。

仕事発注者は納品された制作物の最終確認を行い問題がなければ報酬を支払います。

ちなみに、クラウドソーシング 経由で仕事を受託する人をクラウドワーカーと言います。

仕事発注者と仕事受注者の間にはクラウドソーシング運営会社がいます。クラウドソーシング運営会社は発注者と受注者が出会えるプラットフォームを提供する代わりに発注者から受注者に支払われる報酬の一部をシステム利用料金として徴収しています。

スキルがなくても仕事は見つかる?

大手のクラウドソーシングサイトでは、100万件を超える仕事案件があるので仕事が見つからないことはありえません。

その代わりスキルが必要ではない案件の場合は単価は低めになってしまう傾向があります。

クラウドソーシングではどんな仕事をすることが出来るの?

クラウドソーシングで見つけられる仕事は多種多様です。

スキル不要で出来るお仕事からプログラミングなどスキル必須の仕事まで様々です。

選り好みしなければ、クラウドソーシングで仕事は誰でも見つかると思います。

クラウドソーシングが副業をするメリット

その1、「スキマ時間に仕事ができる」

クラウドソーシングで仕事を受注した後は納期と納品スケジュールさえしっかりと守れば、基本的に仕事を開始する時間も終える時間も自分次第で仕事を進めることが可能です。

育児中の女性や介護のスキマ時間でクラウドソーシングを利用してお仕事する人も多いです。

その2、「場所にとらわれずに仕事ができる」

クラウドソーシングでは仕事の発注から受注、納品、報酬の支払いまで全てインターネットで完結します。

ですので、場所にとらわれずに副業を始めることができます。

例えば、本業が終わった後にスタバなどのカフェに行って仕事することも勿論OK

ノマドワーカーとして海外に住みながら、世界一周しながら仕事することもOK

場所にとらわれずに働くことが出来るのが大きな魅力ですよね!

その3、「スキル・評価が高い場合、高単価で仕事ができる」

もしあなたが高いスキルを持っている場合、高単価案件の仕事を受注することも十分可能です。

高いスキルとは「英語が上手」「プログラミングが出来る」「デザインスキルが高い」などになります。

例えば、以下は実際にクラウドソーシングで発見した案件になります。

こちらの案件はプログラミングスキル必須の仕事になりますが、その代わり報酬が50万 ~ 100万円とかなり良いです。

この様にあなたにスキルがあればクラウドソーシング で大金を稼ぐことも十分可能です。

その4、「スカウトが来ることもある」

あなたが登録したプロフィール情報を拝見した、仕事依頼者からスカウトメールが来ることが多々あります。

例えばあなたがプロフィールに「プログラミング経験あります」と記載した場合、「簡単なWEBサービスを作れる人を探しています、是非開発お願いします。報酬は〇〇万円です」なんてスカウトメールが来ることがよくあります。

クラウドソーシングが副業をするデメリット

その1、「スキルがない人は報酬を伸ばせない」

スキルがない人でもクラウドソーシングで仕事を見つけて副業をすることは可能です。

ただ、スキルがなくてもできる仕事は言い換えれば「誰でもできる仕事」の為、報酬も低いです。

例えば、安い案件だと1件数十円のデータ入力などがあります。

これでは、多くは稼ぐことは出来ません。

英会話講師、WEBデザイナー、WEBプログラマーなど本職でスキルをつけられるような職業に転職して、そこでスキルをつけた後にクラウドソーシングで副業を始めるなどをオススメします。

その2、「収入が不安定」

クラウドソーシングの受注者にとって大きな悩みとなっているのが、収入面での不安です。

仕事を継続的に受注できるようになるまでは収入が不安定になります。

逆にリピート出来る案件を数多く扱うことが出来れば、作業を効率的に進める事が出来ます。

ただ、最初は信頼も実績もないので不安定な期間が続くことが想定されます。

その3、「最近は買い手市場」

最近のクラウドソーシング市場は買い手市場になっています。

つまり、仕事を発注する人に比べて仕事を探している人の数が多い状態になっています。

当然ですが、そうなると一つの案件に数多くの応募が来るので簡単には仕事を受注することができません。

クラウドソーシングでどのくらい稼げるの?

クラウドソーシングで稼げる金額はスキルや案件数などによって大きく変わってきます。

あくまで参考値としては、単価が安い案件を数多くこなして月5万円くらいまで、単価の高い案件を受注して、作業効率をアップしていけば月10万円くらいまでにはなりそうです。

管理人おすすめクラウドソーシングサービス

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトのクラウドワークスが初心者にはオススメです。

理由はとにかく案件数が半端なく多いので必ずあなたに合った仕事が見つかるからです。

お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名以上の急成長中のクラウドソーシングサイトになります。

会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなので、一度登録してみてどんな案件があるのか確認するだけでも価値ありです!

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

管理人まとめ

パソコンやスマホさえあればいつでもどこでもお仕事が出来きる副業としてクラウドソーシングは最強ではないでしょうか?

業界最大手のクラウドワークスであれば案件数、実績、安全性も担保されているのでまず登録してみて、時間や場所にとらわれない副業をスタートしてみてはいかかでしょうか?